aeastshop.com

ルイ・ヴィトン財布作る手順

世界的なブランド ルイ・ヴィトンは、独自の厳格な製造基準によって作られており、ほかとは明らかにクオリティが異なります。写真は、細いラインをステッチのまわりに施して、縁取っているところ。これにより美しい外観が得られるだけでなく、レザーピースがしっかり密着し、高い耐久性を実現するのです。本当に細かい部分まで丁寧に作られています。

ライニングに使われるカーフレザーパーツのエッジ部分を染色しているところ。少しもはみ出すことなく均一に染色するには非常に高度なテクニックが必要。そのため作業は熟練の職人が担当しています。ここに使われる染料は素材に調和したカラーで、作業後のエッジは非常になめらかな手触り。こうした細部へのこだわりの積み重ねが、ほかのブランドの革小物との違いを生むのです。

ルイ・ヴィトン財布のステッチは、どのアイテムを見ても縁から2.5mmの幅のところを並行して走ります。レザーが針によって切られないようにするには、かなりの精度が求められる作業ですが、これが内面、外面ともに美しい仕上がりに貢献し、優れた耐久性をもたらすのです。またステッチの終わり部分は、3度にわたって念入りに縫製されます。


Tags: ルイ・ヴィトン財布

Comments

Write Comment